お風呂ができるまで  






1 - 材料選別

材料は木曽檜の中でも特に材質の良いところをカットいたします。また浴槽には水に強い赤味部分のみを使用し白汰(辺材)部分は除外いたします。


準備- 2
原材料は乾燥による反り、狂いなどがあり、それを取り除くために木の表側に水を打ち反りなどを極力少なくし次の削りに備えます。




3 - 削り
材料を一定の厚みにそろえます。その際2で反りを少なくしているため材料をほとんど削らなくて済みます。

すり合わせ- 4
これは材料を切っているのではありません。逆に材料と材料を合わせるためにアサリのない鋸を使い接着面をわざと毛羽立たせているのです。こうすることによって浴槽が水を含んだときにより密接度を増すように仕組まれた船大工の技術です。


5 - ダボ
すりあわされた材料を接ぐために使用します。向かって左側から最上部の框、側板中段、下段。

化粧I -6
側板長手から妻手への釘を隠すための化粧細工です。最終的に銅板がはめ込まれ腐朽菌を殺菌する役目を兼ねます。お客様のご希望によりダボ(丸、角)仕様にすることも可能です。


7 - 接合部
妻手(短い側板)木口部分。片ホゾとビスでとめます。寸分の狂いも許せない箇所です。

組み立て- 8
側板4面と底板を組み立てます。接合には錆びないステンレスビスを使用いたします。.


9 - 最終仕上げ
職人の手鉋により最終仕上が行われ木曽檜の持つ雅やかな光沢と絹のよな肌触りが生まれます。

包装- 10
乾燥による木材の割れを防ぎ、手垢などの汚れから守るために外気を遮断しラッピングを施し出荷いたします。

目次へ戻る